• HOME
  • 医師紹介
  • 医院案内
  • アクセス
  • お問い合わせ ご意見・ご感想

乳がん検診Q&A

乳がん検診に関して

検診はどのくらいの頻度で、いつ受ければよいですか?
40歳から65歳ぐらいまでの方は、乳癌検診は1年に一度受けることをお勧めします。
生理の前は乳房がはっているため、乳房の診察時に痛みを伴うので生理が終わってから1週間以降がよいでしょう。閉経後の方や、乳房が生理前に腫れない方はいつでもよいでしょう。
乳癌になる年齢はどれくらいですか?
20代から一生乳癌になる可能性がありますが、50歳前後が最も多いので、40歳から65歳ぐらいまでは検診を受けることをお勧めします。

マンモグラフィに関して

レントゲンの被爆による危険はないのですか?
1回のマンモグラフィによる被爆量は、毎年放射線を浴び続ける場合でも、体の大部分の部位における安全域の100分の1以下の量なのでほとんど危険性はないと言えます。
マンモグラフィで何がわかるのですか?
触っても分からないような小さな癌や、しこりになる前の極早期の癌が、石灰化という白い砂粒のようなものとして映し出せることがあります。
マンモグラフィーとエコーは両方受けたほうがよいですか?
マンモグラフィは先に書いたようにとても有用なのですが、万能ではありません。
両方の検査にそれぞれ得意な病変と不得意な病変があり、両方やることでお互いを補えあえるのでよいと思います。

その他のことに関して

細胞診というのは何をするのですか?
マンモグラフィやエコーなどは画像診断ですが、さらに診断を確かなものにするために、
病変の細胞を取って調べる検査です。採血などに用いられる程度の針を病変に刺し、細胞を吸い取って、それを顕微鏡で調べます。
PAGETOP